ドクターに聞く
「長時間のトイレによる、肛門への負担が痔を招く」

ドクターに聞く「長時間のトイレによる、肛門への負担が痔を招く」

「まだ出そう」と思っても、一旦トイレから立ち去ることが痔の予防に

便秘と同様、下痢はトイレの滞在時間が長くなり、頻度も高くなるため、いぼ痔になりやすくなります。長時間トイレに座ることで、脱肛することもありますし、肛門の組織に細菌が入り込み炎症を起こし、肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)を発症して、痔ろうになるケースや、勢いよく出る下痢便で、きれ痔を起こす場合もあります。また、温水洗浄便座による洗いすぎや、おしりの拭きすぎによって、肛門やその周辺が荒れたりもします。肛門周辺に痛みを感じたり、腫れたりする場合は、上記の可能性が考えられますので、こうした症状がある場合は、肛門科の受診をお勧めします。肛門科では、下痢や便秘、便失禁などについても診察してもらえます。
ただ下痢になったからといって、必ず痔を発症するわけではありません。トイレの滞在時間の長さや、頻度の高さが痔を引き起こす原因ですので、できるだけトイレの滞在時間を短くしましょう。まだ便が出そうだからといつまでも座らず、その時に出る分だけを出して、一度トイレから立ち去るようにしてください。快適な肛門を保つには、まずは腸内環境を整えるのが大切と、毎日患者さんにお話ししています。

順心会大澤病院 白野純子 先生

白野純子 先生
白野純子 先生の記事を見る

便を肛門付近に残さないことが、痔の予防に

痔ろうは、肛門の奥にある肛門陰窩(こうもんいんか)という窪みに便が入ることで起こります。下痢の軟便は、その窪みに入りやすいため、痔ろうになる確率も上がります。また、下痢、便秘に関わらず、肛門付近に便が残るのも良くありません。対策としては、便を残さず出し切ること。ただし、いきみすぎるのは良くありません。当院では、坐剤で出口の便を取り除いていますが、これにより痔ろうの症状が治まっている患者さんも多数おられます。便が残っているかどうかの基準は、紙で2回拭いてとれるかどうか。3回拭いても便がつく場合は、残っていると考えてよいでしょう。
また下痢便のときは、肛門周囲の皮膚が荒れてしまうため、勢いよく便が出ると、裂けてきれ痔になることも。硬い便のきれ痔とは違い、細かい傷がたくさんでき、皮膚炎を伴うことが多いです。こうした症状を避けるためにも、下痢のときは排便時に毎回、白色ワセリンなどを肛門周囲と中に少し塗るようにしてみてください。それだけでかなり症状が和らぐと思います。

※炭酸水素ナトリウム・無水リン二水素ナトリウム配合剤

大阪肛門科診療所 副院長 佐々木みのり 先生

佐々木みのり 先生
佐々木みのり 先生の記事を見る

トイレの最適な時間は1~2分。長い排便時間は痔の原因に

下痢から痔になる原因としては、まず排便回数の増加や長時間のトイレにより、肛門への刺激が増えることが挙げられます。また下痢便に含まれるアルカリ性の腸液が、肛門やその周囲につくことで炎症を起こしてしまい、皮膚炎やきれ痔につながることもあります。さらには、肛門周囲の血液がうまく循環せず、うっ血したり、血栓を形成することもあります。
トイレでは、便座に座っているだけで肛門が少し開き気味になるため、おしりにはかなり負担がかかりますから、長時間座らないことが大切です。適切な時間は、トイレに座ってから立つまでで1~2分。本当に排便したくなるまで待ってトイレに行き、すぐに出すぐらいを心がけましょう。またおしりを拭く際も、強くこするのではなく、ポンポンと押し当てるように拭くことが大切。それだけで、肛門への負担が軽減されます。

松島病院 大腸肛門病センター 香取玲美 先生

香取玲美 先生
香取玲美 先生の記事を見る

いぼ痔は便秘より下痢の方が悪化するケースも

痔の原因といえば便秘をイメージしがちですが、硬い便を出す時と同様、激しく出る下痢の便も肛門に大きな負担がかかります。肛門の皮膚が裂けることできれ痔になりますし、下痢の便による細菌感染は肛門周囲膿瘍から痔ろうを引き起こします。さらにきれ痔を繰り返すことでも、そこから細菌が入り、痔ろうになる場合もあります。また、いぼ痔のある方は、便秘よりも下痢の方が症状を悪化させているケースがみられます。
そうした痔にならないためにも、まずは下痢を治し、快便となることが大切です。バランスの良い食事はもちろん、水分も1日1.5~2リットルを目安に、こまめにとるようにしましょう。下痢を起こしやすい方は、お腹を冷やさないように温かい飲み物にしたり、刺激物や飲酒を控えるよう心掛ける。食べ物で下痢をしやすいものがあるときは量を調節するのも良いでしょう。

草間かほるクリニック 院長 草間香 先生

草間香 先生
草間香 先生の記事を見る
この記事の監修医師
白野 純子先生
佐々木 みのり先生
香取 玲美先生
草間 香先生
ページトップへ戻る