まずは肛門科へ!初診の流れとその内容

まずは肛門科へ!初診の流れとその内容

診察の流れを知り、受診の不安を解消!1)

肛門科の受診は、恥ずかしさや、どんな診察なのかがわからない不安から、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。多くの肛門科では、プライバシーや痛みに配慮したさまざまな工夫がなされています。まずは初診の流れを知り、受診への不安を解消しましょう。

【1】問診

自分の症状をできるだけ詳しく伝えましょう

診察は一般的な病院と同じで、まず問診から始まります。問診は、先生が直接質問する場合と、問診表に記入する場合があります。主な質問内容は以下の表のとおりです。自分がどんな症状なのか、できるだけ詳しく答えるようにしましょう。

〈問診内容の例〉2)
痛み ・痛みはあるか
・痛みがある場合は、痛む場所はどこか
 など
出血 ・肛門から出血はあるか
・出血がある場合は、いつ頃からあるのか
・出血の量はどれくらいか
 など
脱出物 ・肛門から腫れて出てくるものはあるか
・脱出物がある場合は、いつ頃から・どんなときに出てくるか
・脱出物は自然に戻るか、指で押し込めば戻るか、出たままか
 など
腫れ・かゆみ ・腫れやかゆみはあるか
・腫れやかゆみがある場合は、いつ頃からあるのか
・腫れやかゆみの症状が出る場所はどこか
 など
粘液 ・粘液がでることはあるか
・粘液が出る場合は、いつ頃から出ているのか
・どの場所から粘液が出てくるか
 など
便通 ・排便回数や便の硬さ
・便秘や下痢の有無について
・便に血は混ざっているか
・便もれはあるか
 など

【2】診察

プライバシーも十分に配慮

診察では、図のように診察台に横向きになる「シムス体位」をとることが一般的です。診察は背中側から行いますので、パンツは少しずらす程度ですみ、診察中に先生の顔を見ることもなく診察を受けることができます。(病院によっては、別の体位で診察されるところもあります。)
また診察室は、個別もしくはカーテンで仕切られているので、他の患者さんに見られる心配はありません。タオルをかけて露出する部分を少なくするなど、細かい配慮もなされています。

シムス体位

シムス体位-1

診察時は肛門や身体の力を抜いてリラックス

まずはおしり全体を観察し、肛門の周囲を触診。その後、肛門内に指を挿入して内部を診察する指診を行います。指診の際はゴム手袋などを使用し、潤滑油としてゼリーやワセリンを塗るなど、痛みを与えないよう配慮されています。肛門の病気の診断には欠かせない診察なので、全身の力を抜いてリラックスして受診しましょう。

指診の後は、肛門鏡という器具を用いて肛門や直腸の症状を観察します。肛門鏡は、筒型あるいは二枚貝のようになった器具で、肛門に挿入して開き、内側のいぼ痔(内痔核)やきれ痔(裂肛)の位置、痔ろうの開口部、直腸下部の症状などを診察するために使います。こちらも、肛門や身体の力を抜いてリラックスしましょう。

【3】説明

不安や疑問点は遠慮せず先生に質問しましょう

すべての診察が終わると、先生から病名や症状、これからの治療方針などについて説明があります。当日即手術となることは、ほとんどありません。説明のなかで不安なことや疑問点があれば、遠慮せず先生に質問しましょう。

【参考】
1) よくわかる最新医学 新版 痔: 平田雅彦
2)「おしりの病気」アトラス 見逃してはならない直腸肛門部疾患: 稲次直樹

ページトップへ戻る